良いホームページと悪いホームページの差は?

発信したい情報を明確にしよう!

折角の自分だけのホームページを作ったのだから多くの人に見てもらいたいものですよね。でも、思い通りにいかない事もあります。それはホームページに問題があるのかもしれません。例えば、色々な情報が錯綜しているホームページでは訪問者に何を伝えたいサイトなのか分からないという可能性もあります。そうした独りよがりなページよりも伝えたいことをはっきりさせると良いでしょう。例えばホームページの方向性を示すことです。音楽について紹介する、ゲームについて宣伝するなど定まった方向性があれば訪問者にとっても分かりやすいページになります。また、見てもらいたいところをはっきりさせるのも手です。トップに表示したりページ内のリンクを貼るなど訪問者が気づきやすいようなページを心がけましょう。

文章よりも画像や動画を充実させよう

見やすさを考えると、文章だらけのホームページよりも画像や動画などのコンテンツを充実させると良いでしょう。ブログ記事もそうですが、文章の間に画像を挟むことで文章だけでは説明仕切れない情報を補填することが出来ますし、全体の見た目も良くなります。場合によっては言語の違う人が見ても内容を理解できるなどの利点もあります。もし、何かを解説するホームページならば文章以外に動画があるとより効果的です。ただし、これらのコンテンツを充実させることばかりに気を取られてしまうとホームページ全体が重くなってしまいます。そうすると訪問者が見づらいサイトになってしまいます。どんな環境でアクセスしても見やすいホームページを目指しましょう。

ホームページ作成の見積もりの前に納品後のトラブルを避ける為に、あらかじめ対応ブラウザやアクセシビリティ、想定アクセス数を決めておくと安心して業者に作成を依頼できます。

© Copyright Management Server. All Rights Reserved.